ケーキ屋さんで働きたい!

ケーキ作りのアルバイトや就職に役立つ資格はこれ!

目指せ、パティシエ!

Pick UP!

  • 笑顔が見れる仕事
  • 笑顔が見れる仕事

    ケーキ職人であるパティシエの仕事の魅力は、ケーキを買うお客さんの笑顔が見れること!

就職に有利な国家資格

就職に有利な国家資格

「食の安全」を保証する製菓衛生士

ケーキ職人をはじめとするパティシエになるのは資格はいりませんが、持っていれば有利になる国家資格はあります。それは「製菓衛生士」と「菓子製造技能士」の2つです。
まず製菓衛生士は、菓子作りの技術に加えて、衛生学や食品添加物の知識などを保証する国家資格です。この資格を持っていれば「ここのパティシエは安全なケーキを作っている」と、お客さんに安心してもらうことができるのです。受験資格は厚生労働大臣が指定する製菓衛生士養成施設で1年以上の教育を受けたか、2年以上菓子製造業に従事した人です。製菓衛生士養成施設と堅苦しい名前はついていますが、基本的には製菓専門学校のことですので、専門学校で教育を受けた人はそれだけで受験資格があります。
ただ、アルバイトから盛夏衛生士資格を取得するなら2年以上の経験が必要ですから、本腰を入れてやる必要があります。受験科目は衛生法規、公衆衛生学、食品学、食品衛生学、栄養学、製菓理論及び実技の6科目で、合格率は60~80%です。

「腕前」を保証する菓子製造技能士

これに対して菓子製造技能士は、パティシエとしての技術や知識を保証する国家資格です。一定の技能レベルをクリアしているという国の「お墨付き」と考えれば分かりやすいかもしれません。菓子製造技能士は洋菓子製造と和菓子製造に分かれており、ケーキ職人を目指すのでしたら受験するのは洋菓子の方になります。いずれも1級と2級があり、2級を受験できるのは専門高校や短大、高専、高校専攻科の卒業生、厚生労働大臣指定の専修学校や各種学校で800時間以上を修了した人、2年以上の実務経験を持っている人のいずれかです。
これもアルバイトから目指すとなると2年の経験が必要ですから、製菓衛生士同様に本気で取り組まないとならないでしょう。洋菓子製造の試験は筆記試験と実技試験があり、筆記試験の科目は食品一般、菓子一般、関係法規、安全衛生、洋菓子製造法の5科目から出題されます。実技試験は課題が約1カ月前に公表されるため、事前の練習が可能になっています。ちなみに1級を受験するためには実務経験のみなら7年、上記の専門課程を出た人でも2年の経験が必要になります。より狭き門だといっていいでしょう。

最後は実力勝負の世界

とはいえ、2つの資格を持っていれば必ず一流のパティシエになれるわけではありません。あくまでパティシエとして経験を積んでいく上で有利になるという程度にすぎません。そうでなくても菓子店は飽和状態にあるのです。厚生労働省の調べによると、菓子店の店舗数はここ10年間で右肩上がりに増加しており、平成24年現在の店舗数は15万3184と10年前より30%以上増えています。こういう状態で生き残るのは、至難の業といっていいでしょう。
あなたがアルバイトからパティシエを目指すのでしたら、とにかく真剣にやることです。実際、有名パティシエは一生懸命に努力をして今の地位を得た人ばかりです。努力をすれば報われるというものではありませんが、報われるためには努力以外の方法がないのも確かなのです。

お菓子が好きな学生は必見

アルバイトからのスタートもあり
アルバイトからのスタートもあり

将来パティシエになりたいという学生は、ケーキ屋さんや製菓店でアルバイトをしてみましょう。特にお菓子が好きな学生なら、バターやクリーム、チョコレートの甘い香りが漂う店内で働けると思うとワクワクしませんか?ケーキを買いにくるお客さんの笑顔も見れるので、やっぱりパティシエになりたい!という気持ちが強くなることでしょう。しかし、フワフワと甘いイメージばかりではありません。アルバイトでパティシエという仕事の難しさや厳しさを実感するのも大切なことです。

続きを見る

就職に有利な国家資格
就職に有利な国家資格

お菓子が好きだから製菓関連の仕事に就きたいという学生は、「製菓衛生士」や「菓子製造技能士」などの国家資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。これらの資格を持っていると製菓関連業界への就職が有利になります。大好きなお菓子のことであれば楽しみながら取り組めますよね。社会人として働き始めると、資格勉強の時間を取るのもなかなか難しくなりますので、興味がある人は学生のうちに取得しておいた方が何かと得ですよ。

続きを見る

パティシエになるまでの道のり
パティシエになるまでの道のり

子供の頃からケーキ屋さんで働くのが夢だったという人なら製菓専門学校などに通っているかもしれませんね。しかし、パティシエになるために必ずしも専門学校を卒業しなければならないというわけではありません。製菓や調理と関連性のない学校に通っている学生にもチャンスは十分にあります。ケーキ屋さんでアルバイトをしてみるのも良い経験になりますし、専門的な基礎知識は通信講座などで学ぶことも可能です。知識と技術と経験を積んで一歩ずつ階段をあがっていきましょう。

続きを見る

ケーキ作りの専門家
ケーキ作りの専門家

パティシエはケーキ作りのプロフェッショナル!ケーキやお菓子など、甘いものが大好きな学生におすすめの仕事です。ケーキが好きならパティシエになれるのかといえば、もちろんそんなに甘くはありませんが、人を笑顔にするケーキを作るには、何よりもまず自分自身がケーキが好きであることが大切なのです。つまり、「ケーキが好き」ということはパティシエとして成長するために絶対に必要な素質でもあるのです。お菓子が好きなら、パティシエを目指してみませんか?

続きを見る